活劇猫

リバーデイル < RIVER DALE >全シーズンあらすじと登場人物紹介!相関図も!

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

「リバーデイル」とは、アメリカのアーチー・コミックスのキャラクターたちをベースにしたテレビドラマです。

物語は、アメリカの架空の町「リバーデイル」を舞台に展開されます。主人公のアーチー・アンドリュースをはじめとする高校生たちが、町の秘密や謎を探りながら、友情や恋愛、家族関係などにも直面します。

キス1つで、ワーワーと関係性がザワつく高校生らしい青春ドラマチックでありながら、
ギャング、ドラッグ、連続殺人もろもろ…ダーク・サスペンス好きな私は、どっぷりハマりました!

アラフォーながら、高校生の青春まっさかりのドラマを見ていいのかしら…なんて、ひよっちゃいましたが、なんのその。すぐに、高校生達が中心であることを忘れる面白さです!

シーズンの内容紹介

現在はNetflixではシーズン7が配信中で、こちらがファイナルシーズンとのこと。

リバーデイルという田舎街から、次元・時空を超えた超常的なストーリーも盛り込まれ、シーズンをおうごとに新しいストーリーで楽しませてくれます。ネタバレも含めて、各シーズンをご紹介していきます。

にゃん花子
にゃん花子
以下の紹介内容では、一部ネタバレも含まれます。真っ白の状態でリバーデイルを見たい人は、閲覧注意ですにゃん!

どのシリーズから見ても面白いとは思うのですが、やはりシーズン1から見ていただくと、登場人物達の好いた惚れたの他、友情や人間的な関係の成長も楽しめるので、おすすめです。

Amazon.co.jpより引用

リバーデイル シーズン1 あらすじ

シーズン1では、町の人気者であるジェイソン・ブロッサムの行方不明からストーリーが展開していきます。このジェイソンの行方不明事件が、実は「殺害事件」であることが判明します。アーチーや彼の友人たちは事件の真相を解明するために奔走します。しかし、彼らが掘り下げるにつれて、町にはさらに深い闇が潜んでいることが明らかになっていきます。

同級生の行方不明からはじまるものの、高校生らしい学校カーストや、生徒と先生の禁断の恋など…複線のストーリーも見応え十分!
NYから天候してくるヴェロニカ、爆弾娘(ツイートでハッシュタグを付けて事件を拡散しちゃう爆弾)でジェイソンの双子の妹シェリルなど、中心人物も多彩です。それでも、シーズン1の物語の中心となるは、個人的にはベティ&ジャグヘッドかなと。

元々アーチーに恋心を抱いている優等生気質のベティと、ギャングの親の元で、貧しい暮らしをしながら、住む場所さえ転々をするジャグヘッドが、学校新聞の取材の枠を超えて、事件の真相解明に奔走していきます。この行動力…高校生の枠を超えている!

生前のジェイソンに何があったのか!?調べるうちに、学校の花形であるアメフト部男子によるヒドイ仕打ちが明らかになり、死んだジェイソンとベティの姉ポリーの関係も徐々に明らかになります。(ポリーは、心を病んだということで、怪しい隔離施設に入れられているのですが、これはベティの毒親の陰謀なんですよね…ほんとヒドイ!)

親同士の怪しいビジネスが見え隠れする中、シェリルは湖で自殺しようとし…
先生と青年の許されぬ恋…マフィアの娘…ギャングの息子…別居…お金にドラッグ…恋…
シーズン1の最後は、衝撃の銃撃で幕を下ろします。

ワーナーブラザーズより引用

リバーデイル シーズン2あらすじ

シーズン2では、リバーデイルに新たな脅威が現れます。ブラック・フッドと名乗る謎の人物が町を恐怖に陥れ、お馴染みの4人組(アーチー・ベティ・ジャグヘッド・ベロニカ)は再び協力して彼の正体を探ります。同時に、町の支配者であるロッジ家が、実は『裏でリバーデイルを支配しようとしている』ことも明らかになっていきます。

ごく平凡な小さな町の高校生活のはずが…アーチーのパパが覆面強盗に撃たれるところから始まるシーズン2。ポップの店で起こった銃撃戦が、町の癒しのポップの店の存続も危うい状況にしてしまいます。あのシェイクが、リバーデイルから無くなっちゃうの!?

父フレッドが襲われたことで心が乱れるアーチーは、ヴェロニカの父であるロッジの元でビジネスを学ぶ…という名目で小間使いをしたり、闇のポーカーゲームでお酒を注ぐなど、マフィアの危ない世界に足を踏み入れはじめます。ロッジに認められたい一心で、町の自警団を作ったはずが…!?
自分が「ロッジの駒として使われていただけ」だと気づくアーチーは、ロッジと前面対立の関係となります。

ジャグヘッドは、父のFPジョーンズが逮捕されたことで、南部の里親の元へ引き取られます。(リバーデイルは北部に位置しており、南部とは南北戦争のような争いがあります)
北部と確執のあるサウスサイド高校へ転校することになったジャグヘッド…ドラッグやギャングが幅を利かせる荒れた高校だということで、ベティやアーチーは心配しますが、なんと転校4日で、突然サウスサイド高校は廃校することになります。
(この廃校の陰には、漏れなくロッジの思惑があるんですよね….)

フレッドだけではなく、同級生カップル ムース&ミッジの襲撃も続き、町に暗い影を落とすブラックフッド。ブラックフッドからの謎の暗号文や電話に悩むベティは、ついにその犯人と対峙します。南北の町の対立で、戦争状態となる市内…そして劇的なクライマックスへ。

同級生の死、怪しい兄の影、そして町を恐怖に陥れたブラックフッドの正体が明らかになる、シーズン2!

シーズン3に続きエピソードはまさかの、アーチー逮捕!?

ワーナーブラザーズより引用

リバーデイル シーズン3あらすじ

シーズン3では、G&Gのゲームと町の出来事がシンクロし進んでいきます。ボードゲームのはずなのに、実際の出来事がリンクしている!?なぜG&Gゲームがあるのか、ガーゴイルキングの正体は!?その真相を追う中で、リバーデイルの過去に隠された親世代の闇も明らかになっていきます。

シーズン3は、アーチーの裁判から始まります。生徒会長になったばかりのアーチーが、突然逮捕され、長い裁判の夏が過ぎていきます。長い戦いの末、審議は無効になり、アーチーは逮捕されないと周りが安堵する中、「これ以上裁判を長引かせて、周りに迷惑をかけられない」と、アーチーはまさかの司法取引に応じます。その場ですぐに、少年刑務所へ服役することに。この少年刑務所の所長が、G&Gに関わっており、「赤の戦士・生贄」としてアーチーの腰に焼き印を入れます。
ロッジの息のかかった所長は、アーチーを闇の闘技場で戦わせますが、危うく殺されそうになったところを、ヴェロニカやベティたちに助けられ、脱走します。
アーチーは「町には戻れない、ロッジの届かないところへ行く」といい、ベロニカにも別れを告げます。涙ながらに「こんな終わりは嫌」と泣き崩れるベロニカ。最後の電話を終え、ジャグヘッドと町を離れても、どこまでもロッジの追手があることに悩み、アーチーは国境を超えて逃げることを選択します。

一方、リバーデイルでは、ロッジはドラッグの密売を本格化し、高校では謎の痙攣を起こす女子生徒が急増。この関係は!?そして、ポリーを救ってくれたという「農場」が幅を利かせてきます。

「農場はまるでカルトよ!」そう訴えるベティなんですが、ポリーやママはどっぷりと農場に心酔。ベティのママは、なんとベティの大学進学資金まで、勝手に寄付してしまいます。
農場の代表として名前の出る「エドガー」とは何者なのか?エドガーの正体を暴こうとするベティですが、友達として潜入を依頼していたケビン・シェリル・トニと、友達もどんどん農場の信者になってしまい…(農場に入ると、みんななぜか真っ白な洋服になるんですよ。)

プロムでは、再びブラックフッドが現れて…同級生の無惨な死が!衝撃の走るリバーデイルに、新たに市長となったハーマイオニー(ベロニカの母)は、突然リバーデイルを隔離します(銃をもった警備兵が街の出入りを禁止し、まるでバイオハザートの世界観)

新たな女性だけのギャング「プリティポイズンズ」、閉鎖された空間で巻き起こる、金とドラッグと怪しいゲームの蔓延。ジャグヘッドの母もリバーデイルに戻り、ますます混沌とするリバーデイルに、平穏は訪れるのか!?

ワーナーブラザーズより引用

リバーデイル シーズン4あらすじ

シーズン4では、リバーデイルの高校生たちは、大学進学や就職の準備をしながら、新たな事件に巻き込まれます。高校生っぽい話題が中心となりますが、フレッド・アンドリュース(フレッド・アンドリュース役の俳優、ルーク・ペリーが逝去したため)への追悼から始ります。


新たな展開をみせる、シーズン4のポイントは…

親世代の高校生時代のフラッシュバックエピソード。

お馴染みの役者たちが、それぞれの親世代の高校生を演じ、見どころ満載です。ベティの母のギャング時代や、他の同級生の母たちの高校生時代も見れて、個人的にすご〜く楽しめました。

怪しい?新学校ストーンウォール

ジャグヘッドが転校するストーンウォール高校ですが、エリート思考の同級生の度を超えた嫌がらせや、慣れない習慣に頭を悩まされます。転校時期がハロウィーンとかぶっているため、全体的に怪しい雰囲気満載の新しい生活…
秘密結社や、ジャグヘッドのお気に入りのミステリー小説に隠された秘密、そしてジャグヘッドの祖父探し?と、ただの高校生活に収まりません。

リバーデイル シーズン5あらすじ

シーズン5では、前シリーズから続いている「不気味な映像」の謎ときがクライマックスを迎えます。そしてリバーデイル高校をついに卒業し、アーチーたちは大学生に。みんなと一緒に卒業できなかったアーチーは、ある進路の決断をします。

時は流れ、卒業後7年後タッタリバーデイルに、大人になったアーチーたちが帰ってきました。街に残ったトニに、現在の街の様子を聞いたアーチーは、街を救うために、ベティ・ベロニカ・ジャグヘッドを街へ呼び戻します。

個人的にはジャグヘッドとベティのカップルが見れなくて、残念な気持ちはありましたが、新しいメンバーも迎えたシーズン5面白かったです。シェリルの爆弾娘っぷりも20代になっても健在で、ある意味頼もしい(笑)

20代半ばの大人になって数年たって…の葛藤なども見れて、楽しめるシーズン5。もちろん…ミステリーは健在!サスペンス的な要素から、ホラーやスーパーナチュラルに徐々に寄っていくのも、このシーズンですね。

ワーナーブラザーズより引用

リバーデイル シーズン6あらすじ

シーズン6では、リバーデイルのパラレルワールド「リバーベイル」が出現。もうガラッと、スーパーナチュラル的な要素が強まります。
リバーデイルとリンクする世界で、よりダークなストーリー展開に…生贄、黒魔術、能力者。超パワーを与えられた彼らが、リバーデイル・リバーベイルにまたがって、街を救うために戦います。

ここから、従来のリバーデイルと路線が変わった感じがしています。リバーデイルの登場人物なのに、どこかリバーデイルと違う「リバーベイル」は、世界観に慣れるまで時間がかかるかもしれません。Xメンのような能力の開花や、ギロチン、幽霊、彗星、黒魔術と魔女の対立など、盛りだくさんなのは間違いなし!

私は嫌いじゃなかったですね。最終的にシェリルが飛んだ!となって、テンション上がって終わりました(笑

リバーデイル シーズン7あらすじ

ついにファイナルシーズン7です。前シーズンの終わりが、彗星の衝突だったので「どうなるの!?」と思っていたら、なんと時間を遡って生き残ったリバーデイルの住人たち。ジャグヘッドだけが、前世の記憶が残っており、終始ストーリーテイラーのような役割をしてくれます。

時代がオールドアメリカン過ぎて、価値観や悩みがまた違うので、シーズン1から見ていた現代高校生とギャップがあり、楽しめます。役者さんたちもかなり年齢上がっているのですが、前すぎる時代設定に、不思議と違和感少ないのが面白かったです(笑

今までで一番サスペンス要素が少なく、人・性別・価値観・生き方などを考えさせてくれる内容でした。シーズン最後のベティのところも好きです。

私は高校生のころに戻りたい!とは思わないけれど、死んだ時に、あんな風に安心して楽しめる場所へ帰れたらいいなと思います。

リバーデイルのみどころは登場人物!

「リバーデイル」には多くの見どころがありますが…
まずが、出てくる登場人物達が、美しくって、でも良い塩梅で俗っぽいところもあって人間味があるんですよね。私のお気に入りは、なんと言っても「ジャグヘッド・ジョーンズ」(おたく、ねくら、むきむき、顔も好き)なのですが、主要なメンバーをご紹介しておきます!

かなり独断と偏見がありますが、それくらい魅力的なキャラクターが揃ってるんです!

リバーデイル 相関図

ワーナーブラザーズより引用

リバーデイル 主要人物の紹介

アーチー・アンドリュース(Archie Andrews)

町で最も人気のある高校生で、フットボールチームのクォーターバックを務める。音楽が好きで、歌唱力に優れている。

シーズン1では音楽教師とのただならぬ関係から始まり、家族想いの純朴で染まりやすい、モテ男子。

ベティ・クーパー(Betty Cooper)

アーチーの幼馴染で、リバーデイル高校の生徒新聞の編集長を務める。頭脳明晰で、事件解決に尽力する。

毒親の元で優等生として生きていくが、事件や経験を積んで、ドンドン自分自身で道を切り開いていく。

ヴェロニカ・ロッジ(Veronica Lodge)

ニューヨークから転校してきた美女で、豪邸に住む。ベティとは対照的に社交的で、フランクな性格を持つ。

性にも開放的で、行動力・発言力があり、ビジネスもバンバン進めるやり手女子。自身溢れる姿はあっぱれ!

ジャグヘッド・ジョーンズ(Jughead Jones)

アーチーの親友で、リバーデイル高校の生徒新聞の編集部員。食いしん坊で、小説家を目指している。

ギークキャラなのに、筋肉ムキムキで、ギャングの父や家族、貧しい環境に立ち向かう。個人的に一番推しメン!

シェリル・ブロッサム(Cheryl Blossom)

リバーデイルの裕福な名家「ブロッサム家」の一人娘。美しく気位が高く、意地悪な性格をしている。

女性キャラの中では一番好き!我が道を行く、女王様キャラが可愛い。

ワーナーブラザーズより引用

リバーデイル 世界観ファンが続出!

続いて、ストーリーや設定においての魅力をご紹介いたします!

  1. 謎解き要素
    物語には多くの謎や秘密が隠されており、それらを主人公たちが解明するために奮闘する様子が描かれています。視聴者は彼らと一緒に謎を解き明かす楽しみがあります。
  2. キャラクターの魅力
    個性的で魅力的なキャラクターたちが多数登場します。主人公たちの友情や恋愛、家族関係などが描かれており、彼らの成長や変化が見られるのも魅力の一つです。
  3. ミステリアスな雰囲気
    町には深い闇や秘密が潜んでおり、どこか不気味な雰囲気が漂っています。視聴者は、町の秘密や謎を探る過程で、不気味な世界観に引き込まれます。
  4. アメリカン・ポップカルチャーの要素
    アメリカの大衆文化やポップカルチャーが多数登場します。例えば、音楽や映画、漫画などがストーリーに組み込まれており、それが物語の雰囲気や世界観を形作っています。
  5. センセーショナルな展開
    ストーリーには予想外の展開や衝撃的な場面が多数あります。それが視聴者を驚かせたり、興奮させたりする要因の一つです。

以上が、「リバーデイル」の代表的な見どころです。あぁ〜今から、もう一巡見てしまいそうです。

緊張感やドラマチックな展開、キャラクターの魅力など、さまざまな要素が組み合わさって、きっとハマること間違いなし!ぜひぜひ、ご鑑賞をおすすめします!

リバーデイルを見るには?お得にみたい!

私は、個人的にAmazonのPrimevideoと、Netflixを契約しているのですが、主にNetflixで見ています。

その理由は、5歳の息子のyoutubeと音声が干渉してしまうため(笑)Netflixだと、「音声:日本語」「字幕:日本語」ができるので、音声が多少聞き取りづらい中でもストーリーがわかるんですよね。

とはいえ、バックミュージックなども含めて世界観を楽しめる方は、以下の方法で見ることができますよ!

Netflix

「リバーデイル」の全シーズンがNetflixにて視聴可能です。Netflixに登録すれば、PCやスマートフォン、タブレット、テレビなどのデバイスから視聴できます。

https://www.netflix.com/

Hulu

Huluでも「リバーデイル」の全シーズンが視聴できます。Huluに登録すれば、PCやスマートフォン、タブレット、テレビなどのデバイスから視聴できます。

https://www.hulu.jp/

Amazon Prime Video

Amazon Prime Videoでも「リバーデイル」の全シーズンが視聴できます。Amazon Prime会員になれば、PCやスマートフォン、タブレット、テレビなどのデバイスから視聴できます。

https://www.amazon.co.jp/

これらのサービスに登録すれば、自分の都合の良い時間に、いつでもどこでも「リバーデイル」を楽しむことができます。ただし、地域によっては利用できない場合がありますので、事前に確認してください。

ABOUT ME
にゃん花子
「コード書くには苦手」「コピペで動けば、それでOK」な、ノンプログラマー向け | マニアック・ピンポイントなWordpress TIPSが多め|文系から独学でWeb屋さんになった人|インフラ分野のわかるWebディレクター|主にWordpressのサイト立ち上げ、リプレイス、運用をしています|PC画面にブツブツ呟きながら、制作するのが好きです|坐骨神経痛とぎっくり腰経験済 | ブログ収益を保護猫活動に使いたいので、頑張る人 | 夜型人間から朝方に切り替え中|小学1年生の壁に負けじと2024年も奮闘します

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo