Wordpress

レンタルサーバーを無料で借りる方法(セルフバック)

にゃん花子

はじめてレンタルサーバーを借りる時に「実質タダ」になる方法は知っているかにゃ?!知らないと数万円の損だにゃ。

レンタルサーバーやドメインを新規契約する場合に、キャンペーンや無料期間を上手に使えば、実質¥0に!

今回はレンタルサーバー契約時の費用を抑えるために、絶対知っておいて欲しいポイントをご紹介します。

Google広告

キャンペーンは絶対チェックする

レンタルサーバーを契約する際、必ず「キャンペーン」をチェックしましょう!

どのサービスであっても、ほぼ100%何かしらのキャンペーンを実施しています。代表的なものは….

  • 無料利用期間がある(トライアル後に解約可能)
  • ドメインが無料(永年無料も)
  • サーバー設定・ヘルプが無料
  • etc

こちらのキャンペーンよりもお得になる可能性が高いのが、アフィリエイトの「セルフバック」です!

実は。。。にゃん花子は、このセルフバックを知ったのは、現在のサーバーを契約した後で、実質数万円を損したことに後から気づきました(泣

これからWordpressを始めるあなたには、同じ損をして欲しくないにゃん!セルフバックは超簡単だから、ぜひチェックしてにゃ!

アフィリエイトサイトのセルフバックを使う

アフィリエイトが初めての方へ「アイフィリエイトってなに?」

アフィリエイトは聞いたことがあるけど、アフィリエイトが初めての方は、まず簡単にアフィリエイトのことを知りましょう。

アフィリエイトは、「商品やサービスを紹介して、購入に応じて報酬を得られる仕組み」です。

  1. 楽天市場やAmazonで販売している商品を、自分のブログやSNSで紹介する。
  2. あなたのブログやSNSを見た読者が、その商品を購入する。
  3. 商品が購入される度に、◯◯円の報酬を得られる。

インスタグラマー、ブロガー、アフィリエイターなど呼び名は多々ありますが、
「商品を紹介して、(売れたら)紹介料をもらう」という大きな仕組みは同じです。

アイフィリエイトでよくある広告例と報酬の例
  • (登録系)習い事や転職の会社へ登録 … 数千円〜1万円くらい
  • (金融系)FX口座開設、クレジットカードの作成 … 1万円〜3万円くらい
  • (販売系)化粧品、家電、本など購入 … 金額の2%〜

セルフバックってなに?

アイフィリエイトは、紹介者=自分、購入者=他人のイメージがありますが、
紹介者=自分、購入者=自分も、もちろんOK。
紹介者も購入者も「自分自身」で、報酬が発生する仕組みがセルフバックです。

アフィリエイトのプログラムを提供している会社によって、セルフバックOKか否かが変わります。今回は、アフィリエイト大手A8.net から、セルフバック案件をご紹介します!(A8.net 本家サイトのセルフバック説明ページ

有名サービスもあるセルフバック

レンタルサーバーの提供会社として、実績のある有名会社も多数あります。
同じ使用料金を払うのであれば、セルフバックを利用すれば実質料金が無料になるようなセルフバックもあります。

いくつかご紹介しておきます。A8.netの登録は無料なので、ご自身でご登録後にセルフバックの金額をチェックしてみてください!

ロリポップサーバー

ロリポップレンタルサーバーは、速さと充実したサポートが特徴の、人気レンタルサーバーです。 初期費用無料、最短1ヶ月、月額99円から利用可能!で始めやすい価格。
一番人気は、速さと安定を兼ね備えたコスパ抜群の「ハイスピードプラン」 初期費用も無料で、ドメインもずーっと無料!

【ハイスピードプランセルフバック報酬】 → 12か月契約で 10800円、24か月契約で 5000円 36か月 18000円(期間限定UP)

エックスサーバー

国内シェアNo.1レンタルサーバーで、コスパがいいのが特徴です。料金バリエーションはそれほどありませんが、一定価格で使いやすいレンタルサーバーです。

【スタンダードプラン報酬】 → 6ヶ月でも7500円
プレミアムプラン報酬】 → 6ヶ月でも10000円
■ドメイン 取得・移管 1100円 購入100%(1100円(税抜)未満のドメイン)

さくらのレンタルサーバー

安定の人気、さくらのレンタルサーバー。利用件数48万件突破!月額400円から使えるはじめ安さが人気です。

【スタンダード報酬】 → 12ヶ月一括払い:1600円 24ヶ月一括払い:2000円 36ヶ月一括払い:2500円
プレミアム報酬】 → 12ヶ月一括払い:4000円 24ヶ月一括払い:4500円 36ヶ月一括払い:5000円 ・ビジネス:7000円 ・ビジネスプロ:12000円

レンタルサーバーを選ぶポイント

WordPressサイトを作ることを目的にした場合の、レンタルサーバーの選ぶポイントをご紹介します。

wrodpressを使うなら絶対必要な機能
  1. 独自ドメインの利用ができる
  2. SSL証明書の利用ができる
  3. WordPressの利用ができる
  4. WordPressを自動インストールできる
  5. バックアップ・復元機能がある
  6. サポート窓口がある

独自ドメインが利用できる

ドメインはブログの住所にあたる部分です。レンタルサーバーを契約すると、自動で使えるドメインが付いてきますが、ご自身で自由に決められません。

せっかくサイトを作るのであれば、ご自身専用のドメインを利用したいですね。追加料金なしで、独自ドメインを利用できるかどうか?はチェックしておきましょう。

SSL証明書が利用できる

SSL証明書とは、独自ドメインを利用時に通信を暗号化するために必要な機能です。SEO対策の一環としても、SSL証明書の利用(URLをhttps://xxxx)は必須となりつつあります。

SSL証明書は暗号化レベルにより価格が数千円〜数万円まで存在しますが、まずは無料SSLを利用できるレンタルサーバーを選んでおくと、便利です。

WordPressが利用できる、Wordpressを自動インストールできる

WordPressを利用するためには、データベースの用意など初心者にはハードルの高い設定が必要です。
そのため、まずはWordPressが利用可能かどうか?ということはちろん、
WordPressを自動インストールできることも、選定時に確認しておきましょう。

バックアップ・復元機能がある

一度Webサイトを作成したら、長期間に渡って運用する前提かと思います。そのため、予期せぬトラブルに備えて、バックアップや復元機能があるかどうか?も、検討しておきましょう。

wordpressの運用でよくあるトラブル
  • 操作ミスによるページやサイトの削除
  • WordPressのアップデートの不具合
  • カスタマイズ中の不具合

サポート窓口がある

初めてのレンタルサーバー、初めてのWordpress…きっと分からないことが沢山でてきます。

そのため、レンタルサーバーの選定時にはサポートの手厚さも大切なチェックポイントです。

  • サポートブログ、ヘルプブログはあるか
  • サポート方法(電話、メール、チャット)
  • サポート時間(営業時間、対応時間)
  • サポートの範囲

今回は、レンタルサーバーを実質無料で契約する方法をご紹介しました。セルフバックを上手に使うことで、初年度〜一定期間は、実質無料となります。

ぜひお試しくださいね!今日もお疲れ様でした!

Google広告
ABOUT ME
にゃん花子
にゃん花子
「コード書くには苦手」「コピペで動けば、それでOK」な、ノンプログラマー向け | マニアック・ピンポイントなWordpress TIPSが多め|文系から独学でWeb屋さんになった人|インフラ分野のわかるWebディレクター|主にWordpressのサイト立ち上げ、リプレイス、運用をしています|PC画面にブツブツ呟きながら、制作するのが好きです|坐骨神経痛とぎっくり腰経験済 | ブログ収益を保護猫活動に使いたいので、頑張る人 | 夜型人間から朝方に切り替え中|小学1年生の壁に負けじと2024年も奮闘します
Google検索
記事URLをコピーしました