レンタルサーバーにWordPressをインストール|集客に強い自分のサイトの始め方

レンタルサーバーにWordPressをインストール|集客に強い自分のサイトの始め方

Ad

レンタルサーバーにWordpressをインストール

今回は、レンタルサーバーにWordpressをインストールする方法をご紹介します。

レンタルサーバーやワードプレスが全く初めてという初心者の方でもわかりやすいよう、イメージと一緒に手順を説明していきますので、安心してチャレンジしてみましょう。

初心者も安心のレンタルサーバー

今回は、初心者でも安心の安価&安定、そして管理画面が分かりやすいレンタルサーバー「ロリポップサーバー ★LOLIPOP★」を例に、手順をご説明していきます。

ロリポップサーバ以外にも、安価で安定した性能のレンタルサーバーは複数ありますので、ご自身でぴったりのサービスを探しても良いと思います。

ワードプレスを使うためのレンタルサーバー選びは、いくつかポイントがありますので、そちらもご紹介しておきます。

レンタルサーバーの選び方ポイント

  • 無料のお試し期間があるか
  • 費用は予算内か
  • ワードプレスの簡単インストール機能があるか
  • メールアドレスの作成機能があるか
  • 管理画面は分かりやすいかどうか
  • 安定して稼働しているかどうか
  • 契約のアップグレードができるか

 

レンタルサーバーのプラン選び

ではさっそくロリポップサーバーについて見ていきましょう。まずはプランについてです。

ロリポップサーバーはかなりのプラン数があり、なんと一番安いのは月額110円〜です。

今回は、ワードプレスをインストールするこを目的にしていますので、少なくともスタンダードプラン(月額550円)以上のプランをオススメします。こちらのプランであれば、複数のワードプレスをインストールすることができます。

初心者の方から試せる価格帯に加え、趣味からビジネス用途まで幅広く使えるプランになります。10日間のお試し利用ができますので、まずは無料使用から始めましょう。

レンタルサーバーの申し込み方法

ではさっそく、ロリポップサーバーのお試し契約に申し込んでみましょう!

普段からレンタルサーバーの契約を行なっている人はほとんどいません。初めてのレンタルサーバー契約に不安を覚えている方もいるはず。

そのため、今回は契約の流れを全てイメージ付きでご説明しています。画面通りに進めれば、普段からPCやスマホに不慣れな方でも、わずか10分程度でレンタルサーバーのお試し契約が終わりますよ。

ロリポップサーバーのサイトへアクセス

まずは、下記のバナーをクリックして、ロリポップサーバーのホームページを表示してみましょう!

ロリポップのトップ画面で「無料10日間ではじめよう」ボタンをクリック

レンタルサーバー申し込み手順1

プラン画面からスタンダードプランの「選択する」ボタンをクリック

レンタルサーバー申し込み手順2

プラン選択画面が表示されたら、自分が利用したいプランの「選択する」ボタンをクリックしましょう。
今回はワードプレスのサイトをインストールしますので、まずはスタンダードプランからはじめ、お試し期間中に「エコノミー」や「ビジネス」プランへのアップグレード・アップデートを行いましょう。お試し期間中のプラン変更は無料です。

アカウント情報を入力します

レンタルサーバー申し込み手順3

アカウント情報の入力画面から、各項目に必要事項を入力して、最後に「お申し込み内容入力」ボタンをクリックします。

  1. アカウント名:自分の好きなアカウント名を半角英数字で入力します。
  2. ロリポップのドメイン:自分の好きなロリポップドメインを選択します。
  3. パスワード:自分の好きなパスワードを半角英数字で8文字以上入力します。※パスワードは忘れないように注意!
  4. 連絡先メールアドレス:メールアドレスを入力します。※yahooメールやgmailなどのフリーメールも使用できます。

個人情報を入力します

レンタルサーバー申し込み手順4

個人情報入力画面の各項目に必要事項を入力して、最後に「お申し込み内容確認」ボタンをクリックします。

また、入力ミスなどで1つ前の画面に戻りたい場合はオレンジ色で囲んでいる「アカウント情報を修正する」の文字をクリックすれば1つ前の画面へ戻れます。

  1. 契約種別:個人で利用する場合は「個人」、法人で利用する場合は「法人」を選択してください。
  2. 名前:契約する人の名前を入力します。※個人利用であれば自分の性 名を入力します。※性と名の間は1つ空白を入れて空けてください。
  3. フリガナ:契約する人のセイ(性) メイ(名)をフリガナで入力します。※セイとメイの間は1つ空白を入れて空けてください。
  4. 郵便番号:契約する人の郵便番号をハイフン(-)抜きで入力します。
  5. 都道府県:契約する人が在住している県を選択します。
  6. 市区町村番地:契約する人が在住している市区町村番地を入力します。
  7. 電話番号:契約する人に連絡が取れる電話番号をハイフン(-)抜きで入力します。
  8. サーバー移行ですか:「いいえ、サーバー移行ではありません」を選択します。
  9. 契約を自動更新にしませんか:チェックは入れないようにしてください。※ここはお試し期間中に利用して合わないと感じたら退会しやすいようにするため
  10. バックアップオプションを利用する:ロリポップの自動バックアップを利用したい場合はチェックを入れてください。※月額300円かかります。
  11. PC用ウイルス対策ソフトを利用する:自分のパソコンにウイルス対策ソフト(エフセキュア)をインストールして利用したい場合はチェックを入れてください。※月額300円かかります。
  12. メッセージ:ロリポップの運営(スタッフ)へ何か要望などがある場合はメッセージを入力します。※未入力でOK
  13. 取次店コード:取次店コードを知っている場合は入力します。※未入力でOK

お申し込み内容確認をチェックする

レンタルサーバー申し込み手順5

画面に表示された申し込み内容を確認し、間違いがなければ「利用規約・プライバシーポリシーに同意します」項目と「私はロボットではありません」項目にチェックを入れて、「無料お試し開始」ボタンをクリックします。

お申し込み完了から管理画面表示へ

レンタルサーバー申し込み手順6

お申し込みが完了しました画面が表示されたら、ロリポップへの申し込みは完了です。<お疲れ様でした♪

画面内の「ユーザー専用ページにログインする」ボタンをクリックすると、ロリポップのコントロールパネル(ユーザー専用ページ)へログインできます。続いて、ワードプレスのインストールを行うため、ロリポップのコントロールパネル(ユーザー専用ページ)画面を表示しましょう。

レンタルサーバー申し込み手順7

 

 

ワードプレスのインストール方法

さっそくワードプレスをインストールします。

今回は、独自ドメインを取得している方に向けた方法をご紹介します。また独自ドメインを取得していない方は、ムームードメインで取得してから、ロリポップサーバで独自ドメインの設定を行いましょう。

独自ドメインの設定

独自ドメインの設定ボタンをクリック

ユーザー専用ページにログインし、「独自ドメイン設定」を開きます。

独自ドメイン

 

設定項目を入力します

「設定する独自ドメイン」と、「公開(アップロード)フォルダ」を入力しましょう。

独自ドメイン2

公開(アップロード)フォルダとは、設定する独自ドメインにアクセスされた時に表示するhtmlファイルなどが入っているフォルダ(ディレクトリ)となります。

もし設定するドメイン直下(今回であれば、testdomain.com/ 直下のファイルを設定する場合は、空にします。)

入力が終わったら、「独自ドメインをチェックする」をクリックします。

ムームーDNSを利用している場合は認証を行う

設定する独自ドメインがムームーDNSを利用している場合は、続いてネームサーバーの認証が必要です。

独自ドメイン3ムームードメインの認証

「ムームーID」、「ムームーパスワード」を入力し、「ネームサーバー認証」をクリックします。「ムームーID」、「ムームーパスワード」は独自ドメイン取得時に設定したものを、入力しましょう。

「あとで認証する」をクリックした場合は、独自ドメインは登録されますが表示がされません。こちらの設定を有効にする場合は、ムームードメインのコントロールパネルから設定を行いましょう。(DNS設定後の反映には、24~72時間かかります。)

独自ドメインの設定

確認の後、「設定」をクリックします。

独自ドメイン4、設定

下記のように表示された場合は、取得されているドメインのDNSが設定されていないか、反映されていませんので、「あとでネームサーバーを設定する」をクリックし、DNS設定を行いましょう。

 

「あとでネームサーバーを設定する」をクリックした場合、独自ドメインは登録されますが表示がされません。こちらの設定を有効にする場合は、ムームードメインのコントロールパネルから設定を行いましょう。(DNS設定後の反映には、24~72時間かかります。)

また、ムームードメイン以外で独自ドメインを取得している場合は、各サービスの管理画面にてDNSの設定を変更を行いましょう。(DNS設定後の反映には、24~72時間かかります。)

 

独自ドメインにワードプレスをインストール

「独自ドメイン設定」を表示

ユーザー専用ページの「独自ドメイン設定」を開き、対象のドメインの「確認・変更」をクリックします。

独自ドメインWPインストール1-1

「公開フォルダ」を入力します。もし、既に公開しているワードプレスサイトがある場合は、使用している「公開フォルダ」を設定すると、上書きされてしまいますので、注意しましょう。

独自ドメインWPインストール2

「更新」をクリックします。

ワードプレスの簡単インストール

メニューから「WordPress簡単インストール」を開きます。

独自ドメインWPインストール3

各項目を入力し、「入力内容確認」をクリックします。

独自ドメインWPインストール4-1

  1. サイトURLWordPressをインストールする独自ドメインを選択してください。
  2. 利用データベース:インストールするWordPressで利用するデータベースを選択します。特にこだわりがなければ「新規自動作成」を選択しておくと、自動で新しいデータベースとパスワードが作成されます。
  3. サイトのタイトル:インストールするWordPressのタイトルです。後からも変更できますので、お好きな名前をどうぞ。
  4. ユーザー名WordPressにログインするときのユーザー名です。お好きな名前にできますが、こちらは後から変更できません。
  5. パスワードWordPressにログインするときのパスワードです。半角英数、記号などを組み合わせ、推測され辛い文字列にしてください。
  6. メールアドレス:ご自身のメールアドレスを入力します。Worpressからの通知メールが届きます。

\ワードプレスのログインID(ユーザー名)とパスワード設定時の注意/

ワードプレスの管理画面へ不正にログインされないよう、ユーザー名とパスワードの設定の注意点をご紹介します
・「admin」、「test」、「administrator」、「Admin」、「root」はユーザー名に設定しない。
・辞書に載っている文字列をそのまま設定しない。(例:book、osaka、homepageなど)
・他のサイトと同じもの、ドメイン名と同じもの、類似しているものは設定しない。
・パスワードは特に、8桁以上ランダムな英数字を使用し、簡単に推測されないようにしましょう。

パスワードの変更方法はWordPress公式マニュアルをご参照ください。

最後に「入力内容確認」をクリックします。

独自ドメインWPインストール5

設定内容を確認し、間違いがなければ「承諾する」にチェックを入れて、「インストール」をクリックしましょう。

独自ドメインWPインストール6

インストール完了画面の「管理者ページURL」をクリックすると、WordPressのログイン画面にアクセスできます。

設定したログインIDとパスワードを入力して、ワードプレスの管理画面にログインできるか、確認してみましょう!

 

レンタルサーバーにWordpressをインストール まとめ

これで、レンタルサーバーへのワードプレスのインストールは完了です!お疲れ様でした。

これからいよいよ、ワードプレスであなたのホームページを作ります。ワクワクしますね♪

レンタルサーバーにWordPressをインストール|集客に強い自分のサイトの始め方
最新情報をチェックしよう!
Ad