ワードプレステーマを選ぶなら〜コスパ抜群の有料テーマ〜

こんにちは、鰭(ひれ)です。

さっそくですが、ワードプレスでサイトを作る時、欠かせない「テーマ」について、オススメをご紹介します!

 

ワードプレスのテーマでは、「無料」と「有料」があり、

日本製〜海外製まで、数多くあります。

あらかじめ、ある程度のデザインがセッティングされているため、

サイト制作の期間や手間を大幅に、減らしてくれるテーマで困ることは….

「何を選ぶ?」ということ。

 

これまでワードプレスサイトを数十作ってきた中で、

コスパも良く、使い勝手のよかった有料テーマを3つご紹介します。

「何使おうかな〜」と迷っている方は、ご参考に!

 

また、有料テーマを選ぶ際のポイントを、後半にご紹介します。

今回ご紹介する以外にも、素敵なテーマはたくさんありますので、

選ぶ際のご参考になさってくださいね♪

 

Ad

この記事で分かること

・コスパ抜群のワードプレス 有料テーマ3選
・ワードプレス有料テーマを選ぶ時のポイント

おすすめのワードプレス有料テーマ JIN(ジン)

有料のワードプレステーマJIN
有料のワードプレステーマJIN
コスパ(14,800円、複数サイト使用可能) 5.0
マニュアル充実さ、日本語対応 4.5
デザイン性 3.5
ブログ機能 4.5
総合 4.3

まず、1つめのオススメテーマがJIN(ジン)です。

有名なアフィリエイターの方が監修された有料テーマで、SEOについても考慮されています。

日本語のヘルプサイトがあるため、初めて使う方にも安心ですね。

また、あらかじめ幾つかのデザインパターンが用意されており、

特別なcss知識なども必要無く、見た目の整ったブログサイトを簡単に作れます。

JINのオススメポイントまとめ

・買い切り(14,800円)で自分のサイトなら、いくつでも使える
・日本人が開発、マニュアルも全て日本語
・ブログ、アフィリエイター向け
・コード知識(HTML、CSS)不要
・シンプルなサイト用

おすすめのワードプレス有料テーマ The Thor(トール)

有料ワードプレステーマThe Thor

コスパ(16,280円、複数サイト使用可能) 5.0
マニュアル充実さ、日本語対応 4.5
デザイン性 4.5
ブログ機能 4.5
総合 4.6

2つの目おすすめテーマは、The Thor(トール)です。

今ご覧いただいているこちらのブログも、The Thorを使って作成しています。

こちらも日本の企業が開発したテーマのため、マニュアルやサポートも日本語で大丈夫です。

SEOをはじめ、カスタマイズ機能が数多く用意されており、使いきれない程の多機能なテーマです。

このテーマにもワンタッチで着せ替えの可能なデザインパターンが用意されており、

ブログ用としても、企業や個人サイトとしても、幅広く使えます。

The Thorのオススメポイントまとめ

・買い切り(16,280円)で自分のサイトなら、いくつでも使える
・日本の会社が開発、マニュアルも全て日本語
・ブログ、アフィリエイター、企業や個人サイトも対応可能
・コード知識(HTML、CSS)不要
・特別ライセンス(33,000円)を購入すると、同テーマを使って他者のサイトも制作可能に。

おすすめのワードプレス有料テーマ HAKU(TCD製作テーマ)

TCDテーマHAKU

コスパ(29,800円、複数サイト使用可能) 3.5
マニュアル充実さ、日本語対応 4.5
デザイン性 5.0
ブログ機能 3.0
総合 4,0

3つの目おすすめテーマは、HAKUです。

非常にデザイン性の高いテーマで、完全にホームページ製作用テーマになります。

(故にブログサイト向けでは無いですね)

アニメーションやメニュー表記もしっかりと充実させつつ、重厚感と上品さを、兼ね備えた多機能テーマです。

お値段は少々張りますが、十分にその価値があります!

私はこちらのテーマの特別ライセンス(別料金)を取得し、お客様サイトをいくつも作っています。

こちらも日本の企業が開発したテーマのため、マニュアルやサポートも日本語で安心。

デザインの着せ替えはございませんが、随所にカスタマイズの機能が数多く準備されています。

HAKUのオススメポイントまとめ

・買い切り(29,800円)で自分のサイトなら、いくつでも使える
・日本の会社が開発、マニュアルも全て日本語
・企業や個人サイト向け。高級感、和風なサイトに特に合う。
・コード知識(HTML、CSS)不要
・特別ライセンス(33,000円)を購入すると、同テーマを使って他者のサイトも制作可能に。

有料テーマを選ぶ時の、ポイント紹介!

ここまでは、オススメ有料テーマをご紹介してきましたが、

最後に有料テーマの選び方ポイントをご紹介します。

テーマを使用できる、サイトの数

有料テーマには、1サイトのみ使用可能といった、使用できるサイト数に制限のあるものも多いです。

そのため、購入を検討しているテーマの使用制限数を、チェックしておきましょう!

先ほどご紹介した3つのテーマは、ご自身のサイトであれば、幾つでも使用可能です。

そのためブロガーが、複数のサイトを制作する予定の方は、「使用制限の無いテーマ」を選びましょう。

有料テーマは数千円〜数万のものが多く、コスパが違いますよ!

マニュアル、サポートサイトの存在や言語

ワードプレスは全世界で使用されているため、

テーマも全世界で作られています。

そのため、デザイン重視で選んでしまうと、

「使い方がわからない」時に、フォローやマニュアルが英語のみ…

なんてことも。

アップデートの有無

ワードプレスは、セキュリティや機能のアップデートが頻繁です。

時には、ワードプレス全体にかかる大きな機能変更もありますので、

有料テーマ自体も「アップデートされ続けているかどうか」を、見ておきましょう。

開発が終わってしまっているテーマは、最新のワードプレスで動かない場合もあります。

ブログ向き?サイト向き?

本来、webサイトには目的をもって作られます。

「ブログ」「個人のサイト」「コーポレートサイト」「ECサイト」など。

有料テーマを選ぶ際は、テーマ毎に得意分野や、使用サイトの目的が違います。

例えば、ブログ向けのテーマの場合、

コーポレートサイトに転用するのは難しい場合も。

見た目だけではなく、機能面でも、求めているものが用意されているかを、見ておきましょう。

 

ワードプレステーマを選ぶなら〜コスパ抜群の有料テーマ〜 まとめ

ここまでお読みいただき、ありがとうございます。

今回は、ワードプレスの有料テーマについて、ご紹介しました。

最後に、私のオススメ有料テーマを総合ランキングと、選び方をまとめておきます。

この記事を読んで、有料テーマ選びのご参考になればうれしいです。

オススメ有料テーマランキング
総合ポイント テーマ名 URL 値段 特徴
4.6 point The Thor(トール) https://fit-theme.com/the-thor/ 16,280円 多機能、ブログ・webサイト向け
4.3 point JIN(ジン) https://jin-theme.com/ 14,800円 シンプルなブログ向けテーマ
4.0 point tcd HAKU(ハク) https://tcd-theme.com/tcd080 29,800円 webサイト向け高機能テーマ
有料テーマを選ぶ時のポイント
・テーマを使用できる、サイト数をチェックする
・マニュアル、サポートサイトの有無、日本語かどうか
・テーマ自体のアップデート継続性
・テーマの機能と、サイト用途が合っているかどうか
Ad
最新情報をチェックしよう!